忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

別冊・横濱★ホットドッグズ【1】 ~ Chicago Bun(シカゴ・バン)

分家で書いている『横濱★ホットドッグズ』シリーズのレシピ別館です。

 ⁂ 横濱★ホットドッグズ【1】

ブラウザゲーム『 Papa's Hot Doggeria 』で遊んでいて出会った食材のうち、私が興味を持った食材についての簡単な捜査結果は分家に書きますが、捜査結果が複雑になった場合とレシピは分家のテリトリー外としてこちら本家に『別冊』として書きます。


今回は『 Chicago Bun /シカゴ・バン』です。



見たところ普通のドッグ用パンです。『シカゴ』と銘打っているのには何か理由がありそうですよね。ということで、調べてみました。

調べてみると、Wikipediaにもあるほど有名なものでした。どうやら『シカゴスタイル・ホットドッグ/ Chicago-style Hot Dog 』というものがあるようです。

 ⁂ 『 Chicago-style Hot Dog 』(英語版 wikipedia)

上記サイトから抜粋します。

① 別名『シカゴドッグ/ Chicago Dog 』『シカゴ・レッドホット/ Chicago Red Hot 』

② シカゴドッグの材料
 ・牛肉100%のフランクフルト
 ・ポピーシード(ケシの実)のバン
 ・イエローマスタード
 ・白タマネギの極さいの目切り 
 ・ネオングリーン・リレッシュ( Neon Green Relish )
 ・ディル・ピクル・スピア( Dill Pickle Spear )
 ・スライス もしくはくさび形に切ったトマト
 ・スポートペッパー( Sport Pepper )
 ・セロリ・ソルト( Celery Salt )




この『シカゴ・バン』は表面にポピーシードがついているドッグ用パンだということが判明しました。


でも、このままでは終わらせないのが私です。シカゴドッグに使われる具材のなかで聞き慣れないものがあると思います。

これも調べてみました。


【1】ネオングリーン・レリッシュ/ Neon Green Relish



鮮やかな緑色に着色した甘酸っぱいピクルスだそうです。中身はキュウリやタマネギなどです。市販されています。


【2】ディル・ピクル・スピア/ Dill Pickle Spear



ディルの風味がつけられたキュウリのピクルスを、縦に4~6等分に切ったものです。この切り方以外は『スピア』とは呼ばれないようです。


【3】スポート・ペッパー/ Sport Pepper



唐辛子のピクルスのようです。


ピクルスばっかり入るホットドッグなんですね(・ω・)


酸っぱそうです。



※今回の画像はインターネットのあちらこちらからお借りしました。


拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]