忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

幸せをあたためる籠のはなし。~ とうじかご

ヤフオク!を見ていて疑問に思ったものがあります。

この写真は『そば道具5点』として出品されていたものですが、そのなかのひとつに目が留まりました。



この竹製の柄付きザルです。これはどんなそば道具なのでしょうか?

『そばすくい』などの単語で検索してみたところ、さくっと見つかりました。



『とうじかご』というそうです。どういう意味なのでしょうか。

長野県奈川村(現・松本市)に古くから伝わる郷土料理『とうじそば』を食べるときに使う道具だそうです。



かわいい~(^ω^)

私は『冬至』だと思っていたのですが、『投汁』だそうです。山菜やキノコの入った熱々のお汁で蕎麦をあたためるときに使うそうです。

風情、そして趣(おもむき)を感じます。夢見る夢男くんの私は、このような郷土料理が大好きです。是非、とうじかごで蕎麦をあたためてみたいです。

そうそう、とうじかごを探していた時に似ている竹ザルを見かけました。



ラクロスのスティックのような形のこちらは『たまごすくい』だそうです。



       ◆◆◆◆◆◆



『冬至』に食べる蕎麦ではなかったのですね。

調べたところ、『冬至の七種』というものがあるそうです。
  ・南京(なんきん ⇒ カボチャ)
  ・人参(にんじん)
  ・蓮根(れんこん)
  ・銀杏(ぎんなん)
  ・金柑(きんかん)
  ・寒天(かんてん)
  ・饂飩(うんどん ⇒ うどん)

『ん=運』が二つ重なる食材『運盛り』を食べて縁起をかつぐらしいです。

これを応用して『冬至そば』『冬至うどん』を作ればいいのでしょうか。カボチャ、人参、レンコン、銀杏を具材とした熱々のお汁に、とうじかごで蕎麦やウドンをあたためるのです。

どうしても『冬至カボチャ』から離れられない人々は『無糖のゆであずき』を入れたらよいでしょう。無糖であれば合わなくもないと思います。


ちょっと妄想が入ってしまいました(妄想する予定はなかったのでした)。

こういう食べ方を『面倒くさい』『非合理的』と言って、簡単に切り捨ててしまう人がいますよね。『味わい』という語は味覚や嗅覚で感じる味だけでなく、風情や趣にも使いますよね。片方を切り捨ててしまって、本当の『美味しさ』を感じることができるのでしょうか。



※今回の画像はインターネットのあちらこちらからお借りしました。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]