忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

五権衡の権左衛門さん、ご立腹のゴング十秒前

世のなかバランスが大事ですよね。

五行説と薬膳(中医学)をヒントに独自に分析してみました。



私は水属性です(たぶん)。

① 相須(そうす)
 同じ水属性で『水パワー』を増強させる関係。

② 相生(そうじょう)
 金属性の『金パワー』により『水パワー』が強まる関係。

③ 相使(そうし)
 木属性の『木パワー』を『水パワー』で強める関係。

④ 相畏(そうい)
 土属性の『土パワー』により『水パワー』が弱まる(和らぐ)関係。

⑤ 相剋(そうこく)
 火属性の『火パワー』を『水パワー』で弱める(和らげる)関係。

相須以外、矢印の向きは一方向です。



こんな感じでしょうか。あまりに独自すぎて批判されそうですが、しょせん私のたわごとです(笑)

相須・相生・相使は、原則的に良い作用です。相使はパワーを吸い取られるわけではありません。

なので、水属性および金属性の人と一緒にいれば疲弊することなく過ごせるのではないでしょうか。今までいたかなぁ、そんな感じの人?

相畏と相剋に関しては、良い方向に作用すれば『和らげる・和らぐ』関係になり、悪い方向に作用すれば『弱める・弱まる』関係になると考えます。

なので、土属性の人だらけの場所ではパワーが減ってしまい輝きが消える可能性もあります。そういえば、土属性っぽい人にパワーハラスメントを受けていた記憶があります。



それぞれの属性の人が同じくらい存在して、相畏・相剋ともに良い作用をしている職場はバランスがいいはずです。そんな職場で働きたいものです。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]