忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

臘(らふ)は希の冠が月桂樹であることを証明するために、私はケンタウロスにギリシア語で話しかけるのです。

久しぶりにギリシア語を復習してみることにしました。



なんだか無性にギリシア文字が書きたくなったんですよね。こういう衝動って誰もがあることですよね。

  ΑΒΓΔΕΖΗΘΙΚΛΜΝΞΟΠΡΣΤΥΦΧΨΩ

これですね。ロシア語で使うキリル文字よりも有名ですよね。全部で24文字しかなく、うち2文字は二重子音( ks、ps )という無駄っぷり(に私は感じる)。そういう合理化を考えないのんびりした部分がギリシア人っぽくて好きです(笑)

ギリシア文字にも筆記体はあるようなんです。私の持っているこの参考書には筆記体は紹介されていません。インターネットで調べると三者三様なんですよね。正式な書き方が統一されていないのでしょうか。ギリシアの教育機関で教える筆記体がなかなか探し出せないんですよね。

三者三様の筆記体を参考にしてもいいのですが、ネイティブライターに『それ何?』と言われるのが嫌なので、もう少し捜索を続けてみたいと思います。

では、ギリシア文字をひたすら書きまくることにしましょうか。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]