忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

凍國のケンタウロス族の街であたたかい声を聞いた。

今回は二重に妄想していきます。


ケンタウロスは全世界にいます(・ω・)


唐突ですが、その格好良さに魅せられたヒューマンは全世界に分布しています。そして、その分布の範囲と等しい範囲にケンタウロスはいるのです。

ケンタウロスの公用語は今やギリシア語だけではないのです。そして、使用する文字も多種多様になっているのです。ケンタウロスの公用語は、言語学では『ケンタウロス諸語』として分類されています。

さらに地域によって以下の9グループにまとめられました。
  ① 西方ケンタウロス諸語:ヨーロッパあたり
  ② 西円ケンタウロス諸語:コーカサスあたり
  ③ 北方ケンタウロス諸語:ロシア・シベリアあたり
  ④ 東円ケンタウロス諸語:西アジア・中央アジアあたり
  ⑤ 東方ケンタウロス諸語:東アジア・東南アジアあたり
  ⑥ 山方ケンタウロス諸語:ネパール・ブータンあたり
  ⑦ 嶼方ケンタウロス諸語:日本・太平洋諸島あたり
  ⑧ 南方ケンタウロス諸語:カリブ海・南米・南オセアニアあたり
  ⑨ 南円ケンタウロス諸語:南アジア・アフリカあたり

今回はロシア・シベリアで話されている『北方ケンタウロス諸語』の文字を妄想してみようかと思います。


それ以前に『ケンタウロス諸語』も妄想です(・ω・)


すでに妄想はスタートしていました。言うのを忘れました(笑)



       ◆◆◆◆◆◆



ロシアといえばキリル文字です。私の大好きな文字のひとつです。ロシア語で使う33文字が有名ですが、国によって増減があります。今は廃字になってしまったオールド・キリル文字も魅力的で素敵です。

では、『北方ケンタウロス諸語』のキリル文字( Кентаврская Кириллица )を妄想したものがこちらです。



全部で49文字です。7×7の表にまとめられるように妄想しています。表だけを見てもわからない箇所があるので、補足します。

まずは色分けの説明です。
 赤:母音(9文字)
 青:記号(2文字)
 黄:単子音、1音に聞こえる二重子音クラスタ(28文字)
 緑:2音に聞こえる二重子音クラスタ(10文字)

文字の名称は、母音はその音を伸ばすだけで、子音は「エー /e:/ 」をつけるだけです。例外はありません。記号はとりあえず「○○記号」としておきました。また、日本語では発音の表記に限界があるため、異常なふりがなの形を取っている文字もあります。

補足は以上です。



もっといろいろな発音用の文字を作りたかったのですが、スタイリッシュに感じる文字表の大きさの上限が7×7だと思うので、これ以上作るのはやめました。

今現在使われているキリル文字のほかに、廃字になってしまったキリル文字もあります(ただし発音が違うものがあります)。キリル文字に手を加えた妄想キリル文字もあります。

横顔っぽい文字は『原シナイ文字』を参考にした文字です(れっきとした文字です!)。記号は『リンゴ』と『ツタの葉』をモチーフにした文字です(れっきとした文字です!)。


(原シナイ文字のR ルイ=ジャン・カルヴェ著『文字の世界史』より)

なるべく無声子音と有声子音のペアができるように作っています。作れなかったものもありますけれどもね。ロシア語の『 ч - дж 』『 ц - дз 』というペアの作り方が好きではないんですよね。ペアを作るならば、1字に対して1字がスタイリッシュだと思います。

1字がスタイリッシュと言っておきながら『 Я (ヤ ja)  Ю (ユ ju), Е (イェ je), Ё (ヨ jo) 』は、半母音+母音の2文字で運用できるので切りました。『 Ы (ゥイ ɨ) 』も半母音を使って『 И  (硬音のイ i) 』と『 jи (軟音のィイ ji) 』でなんとかなりそうなので切りました。

/ks/ や /ps/のような2重子音が多いのは、ギリシア語を意識しているからです。これらの2重子音をやめれば、もっと別の発音用の文字を作れたのではないかと考える方が多いと思います。でも私は、ケンタウロス族がギリシア起源ということを敬いたいのです。それで2重子音を多くしたのです。

逆にギリシア語にある摩擦音『シータ /θ/ 』と『デルタ /ð/ 』の文字を作れなかったんですよね。でも、この発音は舌先を歯よりも前に出す発音ですよね。ほとんどの発音は、舌先は歯よりも後ろで事足ります。舌先を歯よりも前に出すという動作が、発音の際にわずかですがタイムロスを生じさせるような気がしていたんです。舌先を出す行為もノン・エレガントと感じる方が多いので、作らなくてもいいかなと判断しました。



『北方ケンタウロス諸語』を話すケンタウロス族がこの文字を読み書きする妄想まで突き抜けてしまえ! いえいえ、名前の表記だけで精いっぱいです(笑)

やっぱりキリル文字は面白いですよね。このような妄想ができるということは、素材としても優秀だということです。素晴らしい!


拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]