忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

ダイズはいよいよ無の境地を極める ~ 豆乳飲料

噂になっているので買ってみました。




キッコーマン『豆乳飲料』です。


本当にいろいろなフレーバーを出してくれますよね。その挑戦心、好きです!

ということで、近所の田舎のSEIYUにあった変わり種は『チョコミント』『焼きいも』『ココナッツ』の3種類でした。田舎は保守的な人が多いので、本当に変わったフレーバーは売れないので置けないという、暗黙の了解があります。


では、早速試飲してみたいと思います。

まずは『焼きいも』から。パッケージの赤紫色が鮮やかで素敵ですね。


うおっ!焼きいもだ!(・ω・)


変わり種(変化球)なのに、焼きいもド直球でした。さらには豆乳の風味も感じられませんでした。ついに豆乳も無の境地に突入しましたね。

濃厚な焼きいものフレーバーが美味しいです。



続いて『チョコミント』です。パッケージがポップですね。


あ、うん。チョコミントですね(・ω・)


『気の抜けたチョコミント』という感じですね。全体的に薄めのフレーバーで、後味ほどさらに薄味になります。でも、すべて液体にもかかわらず、チョコミントを上手く表現していますよね。アイスクリームの場合はチョコレートは固体ですからね。

私はチョコミント好きなので、美味しくいただきました。



最後は『ココナッツ』です。パッケージの南国情緒が素敵です。


塩味!(・ω・)


今回飲んだ3種類のなかで一番甘いです。そんな甘~いココナッツのなかに軽く塩味を感じます。天日塩が入っているのですね。塩味のアクセントの付け方が素晴らしいです。豆乳の風味もほとんど感じられませんでした。



豆乳の大豆の味が嫌だと言う人のために、ここまでフレーバーを強くしたのかな? そういう理由なら嫌ですが、この攻め方、この挑戦心、大好きです。

噂では『おしるこ味』があるそうなので(おかんが飲んでみたいと言っていた)、もっと探してみたいと思います。どこにあるかな…。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]