忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

トロワフレール型の研究発表

昨日の実習のフィナンシエに ” あの型 ” を使うのがどうしても納得できないので、調べてみました。

どう考えてもフィナンシエは金塊型のお菓子だと思いますし、あの型はクーゲルホップ型だと思います。



       ◆◆◆◆◆◆



まずは『トロワフレール型』について調べてみました。

フランス語だと『 Trois Frères 』という綴りになります。『3兄弟』という意味です。

19世紀、ジュリアン3兄弟によって作られた ” Gâteau trois frères /ガトー・トロワ・フレール ” で使われたケーキ型のようです。

このケーキに関してはフランス語版Wikipediaに書かれていますので、そちらを参照ください。

 ⁂ Wikipedia『 Gâteau trois frères 』(フランス語版)

以下、かいつまんで翻訳します。
 
米粉、卵、マラスキーノ酒で作られたグルテンフリーのお菓子である。このお菓子の型として『ババ/ Baba 』に使う型に似た型を使い、その型は『トロワフレール型/ moule Trois Frères 』と名付けられた。ちなみに、ジュリアン3兄弟はパリのブルス広場( place de la Bourse à Paris )で修行した有名なパティシエで、” サヴァラン ” の考案者でもある。
 
実際、トロワフレール型はこのような型です。

 

実習で使った型と似ているのですが、なにかが違うようです。

私が絶対にこれだと思った『クーゲルホップ型』はこちらです。



どこが違うのかおわかりでしょうか。



       ◆◆◆◆◆◆



今度はクーゲルホップ型と比較してみたいと思います。

『クーゲルホップ型/ Kugelhopf 』は『クグロフ型/ Kouglof 』に分類されます。一般的には背の低いクグロフ型をクーゲルホップ型と呼んでいることが多いです。

関田淳子さん著の本『ハプスブルク家のお菓子』に詳しく解説がありました。

『クーゲルホップ』という名称はドイツ語です。この本では『クーゲル・フプフ』という名称で登場します。クーゲルホップ型は『太陽』をイメージして作ったという言い伝えがあるそうです。そして本には ” 今日では『クグロフ』というのが一般的で、これはアルザス地方の円形菓子を指している ” と書かれています。

この本にはハプスブルク家時代のクーゲルホップ型が載っていますが、今日のクグロフ型に相当する型が多いです。そしてその歴史は古く、オーストリアの古代ローマ遺跡カルヌントゥムからクーゲルホップ型が発掘されているそうです。

” Kouglof ” とローマ字で画像検索するとクーゲルホップ型も多数ヒットするのは、そういった背景があるからだと思います。

日本でもクーゲルホップ型を『浅型クグロフ』という名称で呼ぶことがあるようです(ただし少数です)。



続いてトロワフレール型です。Wikipediaには『ババ』に似た型を使った、と記されています。

おそらく『トロワフレール型』は『エンゼル型』に分類されるようです

図にまとめてみました。



どちらも円形で中央に穴の開いている型です。

中央の穴の大きさに違いがあるように見えますよね。エンゼル型のほうが広いように感じます。


クグロフ型の場合、ほとんどがケーキやパンを焼くために使われます。この中央の穴は ” 中まで火を通す ” 目的で開けられていると考えられます。

エンゼル型もケーキを焼く型として利用されることもありますが、多くはムースやババロア、サバラン( Savarin )を作るために利用されます。

 

この中央の穴は ” 穴にフルーツを飾れるように ” 作られていると考えられます。なので、直径の広いほうがたくさん飾れます。


この穴の大きさがクグロフ型とエンゼル型の大きな違いのようです。



       ◆◆◆◆◆◆



調べがついたのはここまでです。

客観的な情報が少なく、大部分を私の主観的な憶測が占めています


トロワフレール型をお調べになっている方は、私のこの記事は参考にしないでください。


事実だと誤認されて参考にされると、大変迷惑です。


それから実習についての考察ですが、このトロワフレール型でフィナンシエ生地を焼いたところで『フィナンシエ』にはなりません。

実習で使用したトロワフレール型自体、クーゲルホップ型ですし。

という結果になりましたとさ。



※今回の画像はインターネットのあちらこちらからお借りしました。また、2015年10月2日に加筆しています。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]