忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

剣戟にさわらざる男の日常石火 ~ 手芸・工芸の本

手芸や工芸に興味があります。

そして、興味のあるものの本を買って、挑戦できるかどうか吟味しています。

どんな手芸や工芸に興味を持っているかの単なる紹介です。


【1】ペーパークイリング



細い紙をクルクルと巻いたものを複数個集めてさまざまなモチーフを作る手芸(クラフト手芸)です。元は聖書を飾るためにできたものだったように記憶しています。

図書館でこの本を見つけた時は、その素晴らしさに衝撃が走りました。

ぜひやってみたいです。


【2】メタルエンボッシング



薄い金属板に浮き出し模様やひっかき模様をつけ、それを箱や額縁などに貼り付けて金属っぽいインテリアを作る手芸(クラフト手芸)です。

とても芸術的なのですが、道具ひと揃えが結構高値なのが欠点です。その出費を考えると、途中で飽きることが許されない精神的圧迫を感じます(笑)


【3】ボビンレース編み



ボビンと呼ばれる道具で編んでいくレース編みです。細かい作業が続くため、きっと肩こりと眼精疲労に悩まされることでしょう。

でも、憧れの手芸です。


【4】ワイヤークラフト



ワイヤーでいろいろな雑貨を編んでいきます。インテリア性も兼ね備えた実用品ということろが合理的ですよね。


【5】タッセル



フランス生まれの手芸です。芯となる玉(木製が多い)に糸を巻きつけていき、いろいろなデコレーションを施します。


【6】ペーパーマッシュ



風船を芯にして新聞を貼りつけた丸い張り子を使って、いろいろなインテリアや雑貨などを作る手芸(クラフト手芸)です。ユーモラスで面白そうです。


【7】ガラスエッチング



エッチングクリームというガラスを腐食させるクリームを使って、すりガラス様の模様をつける手芸(クラフト手芸)です。

グラスリッツェンのようにガラスをひっかいて模様をつけるものではないので、初心者にもできそうな気がしました。


【8】ホピ銀細工



アメリカ・インディアンの銀細工です。シルバーアクセサリーは面白そうです。



こんな感じでいろいろな本を持ってはいるのですが、始められないのが現状です。何かひとつでも始めてみたいです。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]