忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

ドーナツの運命と開発者X

最近ドーナツが盛り返してきていますよね(ホント?)。

ドーナツは揚げるのが主流ですが、カロリーを気にして焼いたものもあります。

また、ババロア生地を凍らせて半解凍で食べる生ドーナツも一時期はやりましたよね。単にリング状というだけで、ドーナツ生地を使っていないので賛否両論でしたが。

さてさて、『揚げドーナツ』『焼きドーナツ』『生ドーナツ』。何かに似ていますよね。


そう、餃子に似ているんです。


『揚げ餃子』『焼き餃子』『生餃子(あったっけ??)』。ほらね。

つまり、餃子の歩いた道をドーナツも歩いているんですよ。ということは、こういうことが考えられるということです。


今現在、餃子にあってドーナツにないものが登場する。


『蒸し餃子』『水餃子』に対応するドーナツがありませんよね。つまり、今後『蒸しドーナツ』と『水ドーナツ』が登場するという暗示があるんです。


これは理(ことわり)なのです。


では、どんなものになるか予想してみました。

【蒸しドーナツ】
蒸しパンをリング状に成形すればできます。なので、企画・開発はそれほど難しくないと思います。風味を変えたり、具材を練り込んだりとバリエーションも豊富にそろえられます。

【水ドーナツ】
なにかしらの生地をリング状に成形して茹でれば水ドーナツになるはずです。生ドーナツ同様、ドーナツ生地ではない生地を使わなければいけないことになるかもしれません。その場合は賛否両論になると思います。


すでのドーナツ業界は無意識のうちに、この理に逆らうことなく動き始めていると思います。きっと新感覚のドーナツはすぐそこまで来ていますよ。

どうなることやら。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]