忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

もう、うんざり。~ 迷惑ペタ対策を教えてください。

【注意】
この記事はアメブロ時代に書かれた記事をそのまま残しています。






迷惑ペタがひどい。



うんざりです。



名前を晒します。






ここに挙げた32ペタ中、28ペタが迷惑ペタです。


残り4ペタも準迷惑ペタです。毎日チェックしていますが、ほとんど同じユーザーです。


毎日同じ時間帯にペタがあるので、『自動ペタソフト』を使った ” 商用ペタ ” です。


人によっては『迷惑ペタ呼ばわりは可哀想だ』『迷惑ペタ呼ばわりは失礼じゃないか』『名前を晒すのは不謹慎』と思う方がいると思います。


そんなことを言えるほど、事態は甘くないです。


ブログに書かなければならないとは、どういうことかおわかりでしょうか。


私が迷惑だと感じているからです。


このようなペタがペタ帳にあるだけで ” 悪影響 ” を及ぼします。

親しくしてくださっている読者の方が間違ってクリックしてしまい、被害に遭ってしまうことだってあるわけです。このような ” 商用ペタ ” は誘導URLを仕組んでいることが多いからです。

また、見た目にもよくありません。風紀的に ” 不浄な場 ” になってしまいます。

だがしかし・・・。


最近、量が増えてきた。


『自動ペタソフト』を導入する業者が増えてきているのだと思います。


特に私の場合は、15時30分から17時のあいだに迷惑ペタが集中しています。


この時間帯にはペタがつけられないように、手動で受付け拒否をしています。でも、毎日毎日できるはずもなく、うっかり忘れてしまった日や時間がなくて設定できなかった日は、もれなくやられてしまいます。

今回のように名前を晒しても、相手は何の心も持たない ”BOT” です。何の反省もなく自動でペタをつけてくると思います。そのくせ、名誉棄損だと言って通報してきやがる本当にタチの悪い業者ではないかと思います。



       ◆◆◆◆◆◆



ということで、私はアメーバさんに問い合わせをしました。

『自動ペタソフトや自動いいねソフトについて、どのような姿勢でしょうか。オンラインゲームでいうBOTと同じだと思います。BOTは不正行為とされています。自動ペタソフトも不正行為ではないでしょうか。』

実際はもっと長い文です。抜粋しました。


アメーバさんから返事がきました。

『不正行為がありましたら、通報してください。』

なにそれ。

自動ペタソフトを使っているかどうかの直接的な証拠はありません。毎日同じような時間帯にペタがついているということから推測するだけです。

我々ユーザー側では、ペタを拒否するしか方法がありません。だから助けを求めたんでしょ(怒)

ペタの受付をすべて拒否してしまうと、ペタをあいさつツールとしている親しい読者の方も困ってしまいます。

どうしたらよいのでしょうか。皆さんはどのような対策をしていますか。『気にしないほうがよい』『気にしなくてもいい』という答えはありません。気になるから悩んでいるのですから。

自動いいねソフトも開発されたそうですね。今後、記事の内容をまったく無視した『いいね』が急増すると思われます。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]