忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

上海来三啦! zang³he le³se・la ~ ゴールしたのにしっくりこない。

上海語の復習がようやく終わりました。

今回使った参考書が初見だったために、復習というよりもほぼ新規に近い状態でした。〚会話中心〛というだけあって、本当に会話中心でした。会話中に出てくる文法や語彙は置き去りにされます。日本語訳がかなり意訳されているので、本文中の単語の意味がいまいちわからないことが多々あります。

2007年に発行された参考書ですが、本文中に『ポケットベル』という単語が登場したので、やや古めの言い回しの参考書だった可能性もあります。

ということで、総合的にこの参考書はしっくりこなかったです。もし次に上海語を復習するときは、この参考書ではない参考書にしようと思います。いい参考書はないかな。

カイオンさんからお誘いがあったのですが(妄想の世界で)、果たせずじまいでした。ごめんね、カイオンさん。紹興酒と大閘蟹で乾杯できなくて。



私は蟹が苦手なので、違う料理にします。※画像は加工しています。



       ◆◆◆◆◆◆



さまざまな研究者によって上海語の拼音が考え出されていますが、どれかひとつに決定することはないのでしょうか。こう言っては申し訳ないのですが、どれも一長一短な感じがします。

私だったらこんな感じの拼音がいいかな、というものを表にまとめてみました。

まずは【声母/子音】です。



声母(子音)の場合は、『通用呉語拼音』をベースにほんの少しだけ変えました(表の nh と hh)。いわゆる『Ph-P-B形』です。清濁があるので、このようなローマ字に倣った表記方法のほうがわかりやすいと思います。こちらのほうが研究者たちからの支持が、若干ですが優勢な感じを受けました。

今回使った参考書は、標準中国語に倣った表記方法(いわゆるP-B-Bh形)でした。濁音を示すのにhを付加する方式です。『 sh 』と書いて / z / と発音させるのですが、標準中国語でも英語でもこの綴りだと / ʂ, ʃ / と発音するので、誤解が生じそうですよね。

やや優勢の Ph-P-B形を『1式』、標準中国語に倣った P-B-Bh形を『2式』として、2系統の表記方法があるようにしたほうが融通が利くと思います。



続いて【韻母/母音】です。母音は2種類あります。



向かって左側のほうは、多くの研究者たちに支持されている気がする表記方法です。右側のほうは、ドイツ語のウムラウトに似た表記の『Lance Eccles式』を少し変えたものです。

今回使った参考書は向かって左側のほうでした。『 eu 』や『 ao 』を『エウ』『アオ』と読んでしまう人向けの表記方法が右側のほうです。

どちらでも差し支えはなさそうな気がします。大多数の研究者に支持されている eu-oe-y形のほうを『甲式』、少数派の ë-ö-ü形のほうを『乙式』として2系統の表記法があるようにしたほうが融通が利くと思います。

ということで、韻母+声母の組み合わせは『甲1式』『乙1式』『甲2式』『乙2式』の4つの組み合わせができるということになります



この4通りの表記方法で表した例を挙げるとこのような感じになります。どの表記方法が良いかは、その人がローマ字とどのように関わりながら歩んできたかによります。日本語でふりがなをふらなくても、ローマ字の拼音を見て読むことができるようになるのが一番よいことです。なので、組み合わせによって個人に合わせることができるシステムのほうがいいかなと思います。



       ◆◆◆◆◆◆



ということで、上海語の復習が終わりました。

しっくりこなかったとはいえ、標準中国語よりも上海語のほうが断然好きです。促音の響きは発音していて楽しいです。声調の上がり下がりが極端すぎないこともいいですね。それから、当て字がなんとなく好きです。

引き続き上海語の復習をするために、緊急で別の参考書を捜索するかどうかは気分次第です(笑) でも、上海熱が冷めないうちに捜索するのも手かな。



拍手[0回]

PR

42の扉。

本日42歳になってしまいました。

なんと本厄(41歳)に厄払いをしませんでした。あれだけ『する』と言っていたのに、嘘になってしまいました。ごめんなさい。

本当にやばいです。ダメ人間と化しています。精神的にも追い詰められているらしく、毎日のように悪夢を見ます。どうしたらよいかはわかっているのですが、宮城県はそれをことごとく嘲笑してきます。

今年こそ何とかせねば。



拍手[0回]

屋根のうえの講座 ~ わたしがわたしをみがくとき。

ユーキャンから案内資料が届きました。



『通関士』『デジタルイラスト』『UCC 匠の珈琲』、最近新設された『ねこの描き方』の全部で4種類です。興味があった講座を一気に取り寄せてみました。

『通関士』は以前から興味があったんですよね。それが『貿易実務検定』を受検した経緯ですね(C級ですが)。コーヒーの淹れ方も興味があるんですよね。紅茶もいいのですが、コーヒーは淹れるパフォーマンスにエンターテイメント性を感じます。

残り2つはわたしの芸術の肥やしにどうかと思ったんです(うお座生まれなので芸術に救われる運命なのです)。『デッサン』講座は以前受講していました。添削課題の提出を催促されること以外はとてもよかったです。

とりあえず詳しい内容が知りたかったので取り寄せてみました。受講は時間的に厳しいかな。特に芸術系になると、すきま時間をあえて作らなければならないんですよね。『すきま時間』の意味がわからなくなります。

『ねこの描き方』は『色鉛筆画』のほうを先に受講したほうが順路だと思いますし、『デジタルイラスト』は『イラストレーション』のほうを先に受講したほうが順路だと思います。だったら、なぜ資料を請求しなかった(笑)

そういえば、『ねこの描き方』は新設講座ですが、消えゆく講座もありますよね。以前『木目込み真多呂人形』という講座があったと思うのですが、いつの間にかなくなっていましたね(興味はまったくなかったのですが)。それから、私が以前受講していた『自動車』講座もなくなりましたし、兄弟講座の『自動二輪』もなくなってしまいましたね。

面白そうだけれども・・・とモタモタと決めかねて腰が重いと、廃止になってしまうということも念頭に置かなければなりません。とはいうものの、講座の受講金額は5桁ですから、慎重になりますよね。

もう少し案内資料を読んでみたいと思います。以下の3つの ” 余裕 ” をもっと検討しないと、いざ講座の資材が送られてきた時にビックリしますからね。

  ①『時間的余裕』・・・ わざわざ ” すきま時間 ” を作るタイプの講座か
  ②『経済的余裕』・・・ 値段のこと
  ③『場所的余裕』・・・ 活動スペースが必要か、器材の保管場所が必要か

4種類とも面白そうな講座なんですけれどもね。



       ◆◆◆◆◆◆



こんな ” 芸術系 ” 講座があったら受講したいと思うものを妄想します。妄想するだけタダですもんね(笑)

以前から興味があるものの、器材をそろえるのが大変なので始めることができないものが多いんですよね。ユーキャンであれば一式もそろえてくれるので素晴らしいです。もしも、以前にその講座があった場合はごめんなさい。私が無知でした。

やりたい順ではなく、思いついた順に書いています。


【1】チョークアート講座

黒板に描くパステル画ですね。カフェの看板やメニューによく使われています。あたたかみがあるのでアットホームな印象を受けます。『パステル画』講座は以前あったような記憶があります。

チョークアートの参考書は3冊持っているのですが、『黒板』をそろえることができずに始めることができません。黒画用紙でもいいのかな?



【2】フレスコ画講座

漆喰に絵の具を埋め込んでいくような描き方の絵画です。壁画に使われますよね。フレスコ画は中学生の時から描いてみたいと夢見ています。

一般家庭で画材一式をそろえようと思うと、茨の道どころかモーゼに海を割ってもらって道を作ってもらわないといけないレベルです。道のりが険しすぎます。自宅で漆喰を使うことができる場所の確保も課題です。



【3】ステレオクローム画(水硝画)講座

絵の具に『水ガラス』を練り込んだ絵画ですね。半永久的に色褪せることのない絵画だそうです。かなり有名な画法ですが参考書がありません。なので、どのような感じの絵画なのかもよくわかりません。

この絵画の肝となる『水ガラス』の調達と廃棄方法が、まず第一の壁になりますね。



【4】魚拓講座

じかに魚に墨を塗る『直接法』と、魚に紙を乗せて凹凸を写し出す『間接法』の2種類がありますが、私が興味があるのは『間接法』です。

鮮魚はユーキャンセットには含めることはできないと思いますが、きっと練習用の代用品は考えてくれると思います。



【5】メタルエンボッシング講座

薄い金属シートに凸模様をつける工芸的手芸ですが、芸術部門に区分したいです。まず道具が高い! もっと手軽な値段で始めることができたらいいのになと思っています。



【6】ガラスエッチング講座

ガラスを腐食させてすりガラス状の模様をつける工芸的手芸ですが、芸術部門に区分したいです。これも素敵なのですが、マニアックなのか資材そろえが難しそうです。

ガラス製品なので添削課題を送るのが難しいかもしれませんね。



【7】ペーパーマッシュ講座

風船を芯にした丸い『張り子』です。必要資材は風船、新聞紙、糊、絵の具です。そろえるのはそれほど難儀しなさそうですが、はじめから一式がそろった状態のほうが腰が軽いですよね。新聞紙は格好つけて『英字新聞』にしたいです(笑)



【8】『龍の描き方』『ケンタウロスの描き方』講座

創造動物では、龍とケンタウロスが大好きです。翼が生えた西洋の『竜』ではなく、東洋の『龍』です。辰年生まれの男は、自分のなかに龍が棲んでいるのです。なので、前々から龍が描ければいいなと思っていました。また、男らしいケンタウロスが描けるようになれば、私の人生は変わると思います(意味不明)。



【9】紅殻チョーク画講座

イタリア語で『 Sanguigna /サングイニャ』、ロシア語では『 Сангина /サンギーナ』と呼ばれる赤茶色のチョークで描くデッサンです。レオナルド・ダ・ヴィンチの肖像画が有名ですね(たぶん)。懐古的な印象で、普通のデッサンとは表現方法が異なるような気がするんですよね。



【10】枯山水講座

山水画ではなく『枯山水』です。『ガーデニング』講座があるのであれば『枯山水』だってあってもいいはずです。道自宅に枯山水を作りたいと思ってる人もきっといると思います。道具はよくわかりません。




こんな感じです。芸術だに限らず、とにかく『道具そろえ』が大変ですよね。その苦労も勉強のひとつと考える人々もいますが、一般家庭ではひとつと考えません。

ということで、前半は日記、後半は妄想になりました。



拍手[0回]

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]