忍者ブログ

薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』

Medical Herbalist Ralph ≪ Dragon Butler's Jargon Antlers ≫ (←一応、韻を踏んでいます) 辰年生まれのおっさん生活はいつも何かが ” 深い ” です。日々の出来事を綴ったり、興味のあるものを調べたり、料理の話をしたり、時には手芸や薬草の話をしたり。そんなこんなのブログです。できればPCからの閲覧にご協力くださいませ(スマートフォンでは読みづらいはずです)。

きれいな発音、好きですか?

上海語の復習をしていますが、まだまだ時間がかかりそうです。

別にいやになっているわけではありません。面白いですよ。発音の復習に時間をかけていたので、遅くなっているんです。


ということで、語学好きの私が今まで着手してきた言葉のなかで、発音が難しかったと感じたものをランキング形式に書き綴っていきたいと思います。あくまで『私』が難しかった、苦手だなぁと感じたものです。一般論ではありません。


【第1部門】発音そのものが難しい

   第1位 チェコ語
   第2位 ルーマニア語
   第3位 アイスランド語
   第4位 タイ語
   第5位 タミル語

チェコ語とアイスランド語は口の中が忙しいです。とにかく舌をよく動かさなければなりません。舌先を上に向けたり下に向けたりと、舌がバッタバッタすることは日常茶飯事です。巻き舌も普通に登場します。

アイスランド語は舌先が歯よりも前に出ることがかなりあるので、さらに右往左往します。母音も微妙な差のものがあり苦手です。

チェコ語の醍醐味はなんといっても『摩擦音+巻き舌』ですね。単独では発音できても、語の中になるとできなくなってしまうんですよね。他にも巻き舌の『R』が母音代わりになったりと、私の場合はチェコ語のほうが地味に難しく感じます。

ルーマニア語については以前もこのブログで書いたのですが、3重母音、4重母音が普通に登場します。母音の連続は音がくっついてしまうので、私は苦手です。また、日本人には中途半端な『ウ』に聞こえる発音が2種類あり、差が微妙すぎて苦手です。

タイ語は声調が苦手です。タイの人ってなぜか『みゃーみゃー』した浅い声ですよね。こもった声質の私ではなかなか近づけることができないんですよね。

タミル語は子音が微妙すぎて区別できません。

その他、ウェールズ語は無声鼻音や無声側面音があります。無声鼻音は面白いですが難しいです。韓国語の濃音もなかなか難しいですよね。アラビア語も、舌の中央をくぼませて発音する子音が難しいです。



【第2部門】綴りを見ても発音できない

   第1位 アイルランド語
   第2位 タイ語
   第3位 タミル語

文字さえ覚えれば発音できる言葉とは ” 逆 ” の言葉です。

アイルランド語における『綴りと発音のかけ離れの差異が激しい』という問題については、以前このブログでも書きました。本当にひどいです。発音の規則が『有って 無い』ようなものです。すべてが例外読みのような印象です。

タイ語は規則的なのですが、声調符号の使い方に疑問が生じました。同じ声調符号なのに声調が異なる場合があるんです。それにも規則があるのですが、いや、同じ声調符号なら同じ声調を表してほしいです。それから日本語と同様に『わかち書き』しないので、どこからどこまでが1単語なのか頭を悩ませます。

タミル語は正解がわかりません。音源CDのある参考書を使ったのですが、” 書いてない通り ” に読まれます。どうしろと言うのでしょうか。

他にも母音を表記しないアラビア語やヘブライ語も、母音符号がないと読むのはきついです。『日本語の漢字のふりがなみたいなものだ』と例えられますが、明らかに違いますよね。フランス語は原則として語末の子音は発音しませんが、発音するものもありますよね。規則がないので間違えることがあります。



私の場合は、日本語にはない子音や母音だからといって、それが難しさを感じさせる要素にはなりません。誤解されるかもしれないのであえて書きますが、『そのことば特有の発音』は発音していて楽しいです。

しかし、アメリカ英語の『æ』は世界一汚い発音だと思いますし、『ɘr』はあたかも舌が長いことを自慢しているように思えて嫌いです。

という感じでした。上海語の復習を頑張りたいと思います。


拍手[0回]

PR

続・確定申告とプラスマイナスゼロの世界

源泉徴収票が電話した次の日に届いてビックリしました。速達でもないのに。

ということで、本日、確定申告しました。今日まで近所の公民館に出張サービスしてくれていたんです。とりあえず戻ってくる金は発生したのでよかったです。ただし、医療費や生命保険の控除は、諸事情によりゼロでした。残念。

医療費控除を受けたいのであれば、家族の誰かの分として申請することができるという裏ワザ(?)があるそうです。計算していただいたのですが、千数百円くらいでした。市役所の方は『私なら100円以上であれば申請しますね』とおっしゃいました。


千数百円なんて、税務署までの交通費で消えます(・ω・)


むしろマイナスになるかもしれません。それを考えると、残念ながら申請はしないほうがいいと判断しました。確定申告は一応ですが終わりました。

極悪会社は本当に最後まで極悪でした。源泉徴収票の名前が間違っていたんです。ありえない!



拍手[0回]

まさかの確定申告失敗 / こってこての宮城県人・仙台人のはびこる職場

ひさしぶりに2章編成で書きたいと思います。


◆◆第1章 まさかの確定申告失敗

本日、確定申告へ行ってきました。近所の公民館のホールまで出張サービスしてくれるんです。わざわざ税務署まで行かなくてもいいので嬉しいです。そんな最中、事件は起こりました。


まさかの確定申告失敗です(*ω*)ウソーン


『源泉徴収票』がなかったんです。普通だと郵送で届くんですよね。今年4月から7月まで働いていた極悪会社からは何も届いていませんでした。

大丈夫なのかな、と思って臨んだ確定申告で『あなたの場合は源泉徴収票が必要です』とのっけからストレートパンチを喰らいました。えーん。

ということで、いや~な気持ちで極悪会社に電話して源泉徴収票の催促をしました。電話に出た方が、この極悪会社で唯一の相談相手になってくれた常識人の事務の方だったのでほっとしました。

近況を聞いてみると、私が辞めた7月以降、なんと3人も辞めていました(笑)

この会社は本当にひどかったからね。『顧客第一』にこだわるあまり、従業員をまったく大事にしないんです。また、モラルハラスメントを愛のムチだと勘違いしていて、新人をいびります。

そして、この事務の方からさらなる近況を聞いてすがすがしい気分になりました。それは秘密ですが、この話を聞いた誰もが納得するほどのことです。

ということで、源泉徴収票が月曜日まで届けばいいのですが(近所の公民館の出張サービスが月曜日までなので)。



◆◆第2章 こってこての宮城県人・仙台人のはびこる職場

ひと言ふた言、言わせてください。

今まで勤めた会社はどこも上層部がこってこての宮城県人・仙台人で、本当にダメな会社ばかりでした。どのようにダメなのか書いていきたいと思います。


【1】労を惜しむ

つまり、仕事をしたくないのです。誰かに仕事をなすりつけることばかり考えています。上司がこれでは、部下の仕事に対する姿勢にも悪影響を及ぼします。時には怒りを通り越した呆れさえ感じました。


【2】連絡がいい加減

連絡下手なのではなく、連絡を怠るんです。『そんなこと聞いていないよ!』『いつそんなこと決まったの!?』ということが多々ありました。部下は振り回されっぱなしでした。他部署間の連絡だけでなく、同部署間でも連絡が行き届いていないこともありました。


【3】予測が甘い。根拠のない『大丈夫』を連発する。

起こりうる危機を予測することを面倒くさがります。そういう状況になったらそうなった時に考えればいい、という行き当たりばったりな仕事の仕方をします。危険予知を助言すると『そんなの大丈夫だって~』とよく言います。この『大丈夫』には何の根拠もありません。


【4】酒を強要する

とにかく飲み会はタチが悪いです。『お酒は苦手です』と言うと『ビールは? 日本酒は? カクテルは?』としつこく酒を強要していきます。そして、車で来た人にも『ちょっとぐらい大丈夫だから』と言って無理やり飲まそうとします。

私がもっとも嫌な行為は、しきりに酒を注ごうとする迷惑行為です。グラスがまったく空いていない人のところへ酒を注ぎにやってきて、グラスを空けろと顎をしゃくります。これがいちばん大嫌いです。これをされると本当に怒りがMAXになります。こういう『顎をしゃくる』輩が必ず1人はいます。

なので、こってこての宮城県人や仙台人とは酒を飲みたくないんです。ぜんぜん楽しくないからです。バーカ。


【5】私物はきれいに使い、公共物はきたなく使う

公共物をなぜか汚く使います。使ったら使いっぱなしで元の場所に返しません。よく『あれどこいった~』と探している姿を見かけたものです。


【6】仙台人七大気質

仙台人七大気質とは、以下の7つのことです。
  ①『殿様商法』
  ②『時間にルーズ』
  ③『家の塀をやたらと高くする』・・・ 見られたくない、知られたくない
  ④『ひがみが強い』
  ⑤『良くも悪くも、出る杭を総動員で潰しにかかる』
  ⑥『根性が悪い』
  ⑦『よそ者に無愛想』・・・ 仙台ブスと言われる所以です

最近は②と⑦の気質がなくなりつつありますが、それ以外はまだまだ根強く残っています。④⑤⑥の気質は、職場はもちろん小学生や中学生にもあります。

⑥について補足です。下手(したて)に出るとつけあがった態度を取り、上手(うわて)に出ると後腐れた言葉を吐きます。また、人をバカにすることやからかうことが好きで、あら探しをしては執拗にバカにしてきます。

また、③は『仙台型交通事故』の原因にもなっていますよね。ブロック塀はもちろん、植木を敷地からはみ出させるようにこんもりと見通し悪く仕立てます。特に角地を見通し悪くすることが多く、通行人もまったく気をつけないことから出会いがしらの事故を誘発しています。




他にもありますが、大きい愚行はこんな感じです。私だけでなく、いろいろな方からもこういう状況だと聞いています。こってこての宮城県人や仙台人がはびこる職場は本当に働きづらいです。まずは意識改革をすべきだと思います。

皆さんの会社はどうでしょうか。




拍手[0回]

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『龍執事のハテナすぎる角』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]